「キャンナス高岡」 設立趣意



 訪問ボランティアナースの会「キャンナス」(本部・神奈川県藤沢市)。この活動は、在宅介護で困っている家族の手助けをすることで地域の介護、看護力を高め、安心して暮らせる地域社会をつくろうという趣旨のもと、看護や介護で疲れている家族の方々に休める時間を提供する家族への支援活動です。

 たとえ、1時間でも2時間でも、介護を続けているご家族の肩代わりをすることができたら、それが訪問ボランティアナースの会「CANNAS(キャンナス)」の出発点です。

 ナイチンゲールの精神を持ち、資格(NURSE),自分の経験を生かして困っている方に力を貸したい、今、「私」ができることをする(CAN)。家庭で孤軍奮闘なさっている方たちの重荷を、少しでも今潜在している地域の力を引き出しサポートしていく、NURSEとCANをつなぐ会。それが訪問ボランティアナースの会「CANNUS(キャンナス)」です。

 ボランティアは、今、求められていることに積極的に関わっていこうとする姿勢であり、決してただ働きを指すものではありません。訪問ボランティアナースの会は利益を目的にはしませんが、実費を頂きます。それはお互い様という精神をお互いに忘れないようにするためでもあります。

 私は、このキャンナス本部の設立の思いに賛同し、ここ高岡で地域活動に尽力されている任意団体ひとのまの協力を得て、発会を決意致しました。日々、在宅で看護、介護しているご家族の方が誰でも気軽に、いつでも私達に頼むことができるような臨機応変に対応できる支援活動の仕組みを目指し、皆が安心して暮らせる地域づくりを展開していきたいと思います。

 

                                平成27年1月11日

                                キャンナス高岡                                                                                         代表 江畑 美由紀